04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

02/17

Wed.

22:26:30

アイルランド―パブとギネスと音楽と 

Category【旅行

アイルランド―パブとギネスと音楽と (ヨーロッパ・カルチャーガイド)アイルランド―パブとギネスと音楽と (ヨーロッパ・カルチャーガイド)
(1998/06)
ECG編集室

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

有名な都市や観光地にはたいてい、それ一つで国のパブリックイメージを決定づけるような、強力な存在感を持ったモニュメントがあるものだ。パリのエッフェル塔のように、ロンドンのビックベンのように、ニューヨークの自由の女神のように。
 このところ、日本でとみに注目を集めているアイルランド。一〇年前にはアリルランドの「ア」の字を見つけるのにさえ苦労したものだが、今ではアイリッシュパブが東京都内を中心に増え、書店に行けば関連図書が並ぶ。旅行者も格段に増え、首都ダブリンは日本人が目指す観光都市の一つとして、確実に認知されてきている。



このヨーロッパ・カルチャーガイド、本当に面白いんです。10年前の本ですが、ガイドブック以上の文化知識を与えてくれます。読み物としても最高におもしろい。これ、ヨーロッパ各国版がそれぞれ存在するのですが、私は残念ながら、当時旅の予定があったアイルランドのものしか持っていません。イギリス、イタリア、フランス、スペイン版もそろえたい!本当に面白いんですよ!!!

アイルランド版は6パートに別れており、音楽、芸術、社会、料理、その他、旅の情報について多彩な情報を得ることができます。今や音楽については、ENYA、U2など多くのアーティストが活躍してますし、アイリッシュダンスなども有名です。そして何といっても、アイルランドと言えば、ケルト。ケルト文化についてもいくつかの情報が寄せられていますので、旅の際にとても助かりました。

私はアイルランド文学が大好きで、特にオスカー・ワイルドが好きです。それにしても、アイルランドの作家って、本当に一癖も二癖もあって、なんとも賑やかなんですよね。アイルランド文学って妖精の妖さと人々の芯の強さが魅力と私は思いますが、映画を観てみるとまさにそんな雰囲気が伝わってきます。

私が行った頃は、まだアイリッシュポンド健在で、ちょっと大きめのコインにハープが描かれたシンプルなものでした。EUに統合され、今では経済も徐々に安定していると聞いています。この本の内容からは随分変わったのかも知れませんが、ギネスビールやケルト文字、リバーダンスなどのアイルランド文化の根っこなら、この本で十分に情報を得られるでしょう。

ヨーロッパ・カルチャーガイド、新しいの出してくれないかなぁ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ちょっと調べたい事がありこの本をひっぱり出して来たのですが、あまりの面白さに最後まで読み込んでしまいました。読んでいて思い出したこと。そういえば、B&Bで食べた朝食がめちゃウマだったんですよ。見た目はイギリスのものと同じですが、ボリュームといい、しっかりした味といい、朝食はアイルランドの圧勝でした。

・アイルランドで買った指輪、大切にしていたのですが、韓国で無くしてしまいました。アクセサリーを買うためだけでも、またアイルランドに行きたいです。チャンスが来ないかなぁ。

・アイルランドはカトリックの国ですから、フランスとのつながりもあります。昔は船が頻繁に行き来していたようですし、フランス語で作品を残した作家もいます。ダブリンの街のストリートの名前、この本のおかげで懐かしく思い出しました。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/458-52d8a147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。