08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

02/13

Wed.

08:57:30

小説の解剖学 

Category【文章読本

お菓子を食べながら読み直したのは、この本。

小説の解剖学 (ちくま文庫)小説の解剖学 (ちくま文庫)
(2002/09)
中条 省平

商品詳細を見る



小説の読み方、つまり「ツボ」の見つけ方を教えてくれる一冊です。文学研究がお好きな方、小説家になりたい方には栄養満点。

実は私も文学部だったのですが、学生時代は詩や小説に散りばめられている技法を探すのが大好きでした。技法を見つけては「ほー!」とまず満足し、内容に感動し、そして実際に自分でも使ってみる。

ただ、小説の内容だけ楽しみたい方にはつまらない一冊かもしれません。なぜなら理屈っぽく感じると思うからです。「こう読め!」と言われるのも、きっと楽しくないでしょう。また自分も何かを書こうと思う方は少ないと思いますので、この本の大筋とは合わないと思います。

しかし、白黒テレビがカラーテレビになるかのように、もう少し「行間を」読みたいのであれば、この本は役に立つと思います。本全体は小説を「書く」事をテーマに解説しておりますが、著名な小説家の作品をどのように理解するかが詳しく説明されているからです。小説を読んでいる際のイメージ持ち方が分かると思います。

ただ、ここで紹介されている方法をキッチリやろうとすると、それは学者の域に達します。そこを目指す方は良しとしても、一般にそれ程の知識が必要かと聞かれると、私も「うーん」と考えてから、「いらない」と答えると思います。小説を書きたい方には、一読の必要があるかもしれませんね。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/46-65377ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。