04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

02/22

Mon.

22:03:01

一勝九敗 

Category【ビジネス・経済

一勝九敗 (新潮文庫)一勝九敗 (新潮文庫)
(2006/03)
柳井 正

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 一九八四年(昭和五十九年)六月二日土曜日、朝六時。
 広島市中区袋町で「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」という名称のカジュアルウエア小売店をオープンした。梅雨空の合間で、朝からよく晴れていた。
 「低価格のカジュアルウエアが週刊誌のように気軽に、セルフサービスで買える店」というのが店舗全体のコンセプト。キャッチフレーズは「衣・飾・自由」である。



本書は2003年冬に出された単行本を文庫化したもので、ユニクロが世に出てどのように育ったかを細かく紹介している歴史本です。2003年までですから、この本にはまだ韓国進出のお話はありませんが、文庫本によせるあとがきとして、ちらっとロッテショッピングとの合弁でユニクロ・コリアを設立したお話が出ています。ロッテショッピングと言えば、ロッテ百貨店やスーパーを抱える財閥企業です。ロッテ百貨店は不動産にも強く、殆どの百貨店やスーパーが主要地下鉄路線に直結しているか、徒歩数分以内に位置しているという最高の立地条件を誇るブランドでもあります。

私は北海道にいる間にユニクロの存在を知りましたから、恐らく2000年になる前のことだったと思います。巻末の年表を見ますと、北海道第一号店のオープンが1997年10月とあります。場所は札幌市南区の藤野です。札幌人ならわかると思いますが、藤野はとっても遠いところ。定山渓という温泉街の目の前です。残念ながら北海道1号店は02年9月には閉店となってしまったようですが、02年9月の頃には札幌市内のいたるところでユニクロの看板が見られたと記憶しています。

順風満帆で海外進出まで果たしたように思っておりましたが、実はタイトルにもあるように、ユニクロ社は多くの失敗とともに成長してきたそうです。内容を読んでいくと、一般の企業でもありそうなミスが多々出てきます。例えば、ロンドンでの出店の際、ドライ素材のポロシャツを持ち込んだんだそうです。でもちっとも売れない。だってロンドンって気温もそれほど上がりませんし、汗だってすぐに乾いちゃうんですよね。そんな経験してこその失敗談を読み、読み手も仮の失敗を体験することができます。

また巻末には、ユニクロの歴史年表のほかに、起業家十戒、経営者十戒、第23条まである経営理念が掲載されています。本文中にもありますが、経営理念が23条もあるって多すぎですよね。でも、柳井社長はどれも削る事ができないと仰っています。たしかに、これらを全て心に刻み込んで日々の業務に当たれば、どんどんと社が発展するはずだと思いました。

今、韓国のユニクロは、ロッテグループ系列の店舗内だけに留まらず、ライバルの現代百貨店や新世界百貨店の系列にまで広がっています。路面店も人気があり、いつも賑わっています。今の韓国での様子を見ていますと、今や日本を代表する企業の一つといわざるを得ません。実際、財閥企業の方は、ユニクロの動向をいつもチェックしています。

成功への過程において、失敗がいかに大切な鍵であるかがわかる1冊です。そして、チャレンジしてこそ、失敗に出会うことができます。何度も当たってこそ、進む道が見えてくるのかもしれません。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・特に印象に残ったのが、「スピード」という言葉です。直ぐに実行に移すことで、早いうちにミスを発見することができます。やってみて、「こりゃあ失敗だ!」と思ったら、撤退すればよい話。手を加えて改善できるならば、その方法を考えて投入すれば良い話。頭ではわかっていても、すぐに行動に移すというのは難しい。だからこそ、今のユニクロが日本を代表する企業になったと強く思った次第です。

・だんぜん応援したくなってしまった!そもそもソウルで洋服を買う時、たいていネットで日本の会社にオーダーするか(そして転送します)、ユニクロか無印くらいしか選択肢がありません。ちょっとしたブランドは日本の何倍ものの価格です。とうてい手が届かない。日本にいた頃より、むしろ今の方がユニクロさんのお世話になっているかも。これからも韓国で大成して欲しい日本企業の一つです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/461-8af61334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。