08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

03/09

Tue.

12:21:59

ねじまき鳥クロニクル 

Category【日本文学

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09)
村上 春樹

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について

 台所でスパゲティーをゆでているときに、電話がかかってきた。僕はFM放送にあわせてロッシーニの『泥棒かささぎ』の序曲を口笛で吹いていた。スパゲティーをゆでるにはまずうってつけの音楽だった。
 電話のベルが聞こえたとき、無視しようかとも思った。スパゲティーはゆであがる寸前だったし、クラウディオ・アバドは今まさにロンドン交響楽団をその音楽的ピークに持ちあげようとしていたのだ。しかしやはり僕はガスの火を弱め、居間に行って受話器をとった。新しい仕事の口のことで知人から電話がかかってきたのかもしれないと思ったからだ。
 「十分間、時間を欲しいの」、唐突に女が言った。
 僕は人の声色の記憶にはかなり自信を持っている。それは知らない声だった。「失礼ですが、どちらにおかけですか?」と僕は礼儀正しく尋ねてみた。



本書は3部構成になっています。上の書籍は第一部です。続く2部はこちら。

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

1部、2部は300ページ程度なのですが、3部は500ページを超える厚さ。でも、あまりにも話しが入り組んでいて、途中でやめられなくなってしまう不思議さがあります。ファンタジー要素がありながらも戦争に繋がる過去や、登場人物の持つ一風変わっているけれど生々しい人柄が刺激となりました。

語り手である「僕」は現在失業中。法律事務所をやめたばかりの30歳。妻のクミコが出版社で仕事をしているので、今は主夫として家のきりもりをしています。ある日、結婚したときから飼っていたネコがいなくなります。クミコはどうしてもネコを探して欲しいと「僕」に言い、「僕」はネコ探しに出かけるのですが、そこで今は空家となった不思議な家と、その近所に住むメイという女の子に出会います。メイの協力を得ますが、ネコはやっぱりみつからない。

そこへクミコから「加納という人からネコの件で電話がある」と連絡があり、そこからどんどんと「僕」の周囲は複雑な世界へと突入していきます。

舞台は1980年代です。正確に言うと、84年の6月から7月までが第一部の舞台です。84年と言えば、マイケル・ジャクソンが『スリラー』で大ヒットを出した年。村上春樹さんの小説には、大抵マイケルの名前が登場します。彼にとって、80年代の象徴はマイケルなのかもしれませんね。

非常にハラハラしながら読み進めました。やっと『1Q84』に手が出せそうです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・長い小説ですが、1部、2部はあっと言う間に読み終えられます。3部に入る直前あたりから登場人物の入れ代わりガあり、またまた不思議度が増すという作品です。

・ねじまき鳥という響きがおもしろいですよね。そして、それぞれの部の副題も音楽に関連しつつ意味深です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

はじめまして。
最近、偶然このブログにたどり着きました。
毎日少しずつ過去の分も読ませていただきながら(全部読み終わってしまうのがもったいないので!)、気になった本を図書館で借りたり、購入しながら読んでいます。
私も勝間さんが好きで尊敬していますが、私にとってtohさんのこのブログは勝間さんのブログと同じくらい価値があります!!
私は27歳女性ですが、来年度、日本語教師に転職予定です。勤務先は国内ですが、その点もtohさんとの共通点ですね。
私もtohさんのように読書を続け、知識を蓄積させていきたいです。
これからもtohさんのブログ更新を楽しみにしています。
突然失礼致しました。

2010/03/10 10:13 | URL | mimi #mQop/nM.  edit

Re: タイトルなし

mimiさま。
温かいコメント、ありがとうございます。
勝間さんのブログと同じ価値とは!なんと恐れ多い!!!でもこれ以上ないお言葉、本当にありがとうございます。私は勝間さんのスタイルに共感を感じるとともに多大な影響を受けました。彼女のパワーは本当に素晴らしいですよね!

そして日本語先生への転職、おめでとうございます!!!日本語の先生のお仕事は楽しいだけではなく、自己成長が感じられる職種だと思います。一緒にがんばりましょうね!!!

2010/03/12 08:54 | URL |  toh #-  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/471-5f1a225e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。