05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

03/22

Mon.

12:56:59

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法 

Category【勉強法

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法
(2008/08)
吉永 賢一

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

プロローグ

母の言葉に「東大」を目指すことを決意

 私が「東大」をはじめて意識したのは小学1年生ごろだったと思います。
 そのきっかけは母の言葉でした。
 ある日、母は私にこう言ったのです。
「けんいち、京大っていうのは、ノーベル賞を出していて、すごいんだよ」
 この言葉に、小学生だった私は「京大へ行ってノーベル賞を目指そう」と決意しました。
 ところが翌日、前言撤回で、母はこうい言ました。
「けんいち、じつは東大が1番で、京大は2番なんだよ」
 大学に1番も2番もないとは思いますが、その当時の私はまだ子どもです。母の「1番」という言葉に前日の決意をひるがえし、この日、東大に行くことが私の目標となりました。



今週は勉強についての本を一気に読んでいこうと思っています。勉強本というと、やはり東大、京大、ハーバードなどの有名大学名が冠となっている本が多いようです。まずは東大から読んでみました。

著者の経歴ですが、一浪の後、東大理科Ⅲ類(医学部)に入学されましたが「教える仕事が好き」ということで医師への道は断念されたそうです。もともととても優秀な方なんだろうとは思いますが、それでも本書内で紹介されているエピソードを読むと、苦労して勉強した姿がにじみ出ています。

この本は入試の技術を語る本ではなく、大人になっても継続して学習できるような取り組み方を紹介しています。読書中、私は語学習得をイメージして読み進めましたが、語学に限らず社会でも数学でも使える方法ばかりです。東大という敷居の高さに想像されるような難しい話ではなく、だれもが自分の理想へと近づけるような勉強方法が紹介されています。私もずいぶんたくさんの付箋を貼りました。

この本の基本は3つ。「①覚える、②わかる、③慣れる」です。順に別の言葉で書き換えるならば、暗記・理解・練習になるでしょう。この3つのどれが欠けても、成果はあがりません。そしてバランスが崩れてもいけない。簡単にポイントをまとめますと、覚える量を小分けにしながら、何度も繰り返すことが大切です。また、アウトプットの方法も大切で、本書では「白紙復元」として紹介されています。これは③の「慣れる」に組まれるステップですが、何も見ず、とにかく得た知識を声に出したり、紙に書き出したりする作業を何度も行います。この作業でどんどんと知識を復元していくことで、自分の分かっていない部分が見えてきます。

先週紹介した齋藤先生の書籍にも拡大コピーの話がありました。この本でも拡大コピーを利用することで、覚える単語なり数式を大きくしてインパクトを与えた上で暗記するという技術が紹介されています。

ご自身の経験だけではなく、それを多くの生徒さんにもシェアした結果ゆえでしょうか。非常に説得力を感じながら読み終えました。勉強にはやっぱり適した方法があるんだなぁと納得した次第。要領だけではなく、重点をどこに置くかが大切なのかがわかりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・東大という文字が目立つ本書ですが「私は東大に入れる頭なんて持ってない!」と妬み半分で毛嫌いしてはいけません。どちらかというと、東大ブランドというより、人に物を教える人のアドバイスのような一冊です。実際に教えておられる上での方法がリストアップされています。地頭の良し悪しというより、勉強法の良し悪しが大切。

・メンタルな部分も触れていますが、その部分はどちらかというと大人向けな感じがします。ビジネスにも共通する話題が多いです。

・勉強だけではなく、知らず知らずのうちに習慣となってしまっている事柄がプラスにもなり、マイナスにもなっているそうです。特に言葉の使い方には要注意。これは齋藤一人さんのお話にも共通しています。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/480-61b161bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。