10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

03/26

Fri.

22:35:41

最短で結果が出る超勉強法 

Category【勉強法

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
(2007/06/26)
荘司 雅彦

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

東大も司法試験も最短合格できる方法論がある

 本書を手に取られた方は、何らかの意味で「向上心」をお持ちだと思います。
 私自身、このような「勉強法」の書籍を見ると、必ず手に取ってみます。そして、少しでも役立ちそうであれば、買ってしまう。人によっては、私を一種の「勉強本オタク」だと考えるかもしれません。
 しかし、30年以上にわたって多くの方法をチェックし、自ら実践し、試行錯誤を重ね、独自の勉強法を確立したことは、私の人生を非常に豊かにしてくれました。それによって、確実に効果の上がる「最強の勉強のルール」を頭と身体に叩き込むことができたからです。

 私は、訳30年前に大学受験に取り組み、卒業後はいったん就職したものの、脱サラして司法試験に挑み、その流れの中で、勉強の方法論の「大枠」を完成させました。その後、弁護士になってからも、仕事の効率を上げるためにさまざまな工夫をし、能力アップに役立ちそうな各種のツールを積極的に導入して、ノウハウとテクニックを磨き上げてきました。



東大、京大の本を続けて読んできました。この本にはタイトルに大学名の冠がついてはいませんが、著者は東大卒の弁護士さんです。ですので、この本も東大本といえるかな?

とにかく真摯な勉強本です。実直に自分のやり方を開発し、それを伝えようとしている様子が読み応えのある文章となっています。この本のスゴい部分は、ご自身が学ばれた経験だけではなく、自分のメソッドを直接娘さんにも試しているところです。自分だけの経験によって書かれた勉強本と、メソッドを伝授した経験のある勉強本とでは、伝わってくるメッセージの迫力が違います。この本に書かれている事は、実直にやってみたいと思えるものばかりでした。

いろいろなメソッドが公開されておりますが、私がぜひ真似したい方法は、専門書を3冊程度購入しそれを何度も何度も繰り返すというものです。繰り返しには適当なタイミングを置き、3度繰り返すのが良いようです。繰り返すことで脳に記憶が焼きつき長期記憶となります。

これは記憶術に繋がるお話ですが、暗記は多くを繰り返していくうちに暗記力がつくのだそうです。年齢のせいにして「暗記は苦手だ」とか「すぐ忘れちゃう」という話がありますが、あれは嘘なんだそうです。脳は学習するにつれて年齢に関らず成長するものだそうですから、地道に続けるに限りますね。

やはり大人向けの本ですから、資格試験に向けての勉強だけではなく、広い意味での学習についてのアドバイスが各所に記されています。論理力をつける方法、成果を上げる方法、楽しく仕事をする方法など社会人で学びを得たい人なら必ずやヒントを得られる情報が詰まっています。

本格的に勉強したい大人の必読本です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今週一杯、続けて5冊の勉強本を読んできてわかったことですが、私は「勉強なんてやり方次第ですよ」的なノリの本はあまり好きではないとわかりました。やはり何事にも努力が必要ですし、勉強によって得たことが「試験に合格」だけというのも納得できません。気を入れて勉強したのであれば、合格のほかにも新たな気づきや成長も感じているはずでしょう。そういう意味で、この本はとても参考になりました。一つ一つの項が非常に丁寧に説明されています。

・韓国語では、studyに当たる言葉は「工夫(コンブと読みます)」です。中国語も同じでしょうか?一方日本語は勉めて(努力して)強くなる、という意味になります。一方「工夫」は有る知識の中からいろいろと考えて、良い手段を見出すことです。今や知力が強さとなる時代となりました。私は「勉強」という言葉が好きなので、これからも目的をしっかりと持って、勉めていきたいと思います。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/484-303ce322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。