03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

03/29

Mon.

09:59:19

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する!  

Category【勉強法

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)
(2009/02)
椋木 修三

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


はじめに

 日本人のノーベル賞受賞者が、二〇〇八年は四人(三人)も出ました。本当にすばらしいことで、喜びとあこがれの気持ちで真剣にニュースを見たものです。でも「受賞対象は対称性の自発的破れ」なんて言われても、素人の私にはよくわかりません。受賞された先生方は、どれほど高度な頭の使い方をしているんだろうと思いました。
 一方で、日本人初のノーベル賞受賞者(一九四九年)である湯川秀樹氏の脳を調べたら、全体の九パーセントしか使っていなかったという新聞記事を昔、読んだことがあります。どんな科学的根拠があったかは忘れましたが、この数字にはショックを受けました。「湯川氏でさえ九パーセントしか使っていない。自分なんか一生でどのくらい脳の力を使えるんだろう」と感じたのです。
 人間の脳細胞は、約一四〇億個と言われています。では、ノーベル賞受賞者と、一般の私たちで、脳細胞の数に差があるのでしょうか?



先週は5冊の勉強本を読みました。手元に残っている「勉強」がタイトルとなっている書籍は残り2冊。早速読書に入りたいと思います。

新書で携帯しやすいですから、これは是非読んで欲しい!前作の『超高速勉強法』もためになりましたが、更にパワーアップしてます。6冊中、一番おススメしたい1冊です。

この本は受験生も、大人も確実に使えます。ただ、「試験に合格する」というテーマがありますので、ただ漠然と新しい勉強をしたいですとか、目標値のはっきりしない勉強などには向かないでしょう。全体は、効率力、集中力、記憶力、継続力、計画力、得点力、本番力の7つに分類し、それぞれの強化法を具体的に説明するスタイルです。

まず、読書を始めるにあたり、自分自身の弱点をチェックするための勉強力指数チェックシートがあります。とりあえず、上の7つのどれが強く、弱いのかを知るための参考にどうぞ。

やはりこの本も、薄い本から入り、それを何度も繰り返すことをアピールしています。3冊程度の本を購入し、それをとにかく繰り返す。問題集は、解答が詳しく出ており、できればそのページにあるものを購入しましょう。わからなければ、答えを見てもOK。そのかわり、もう一度自分で解く必要があります。

また、合格するには満点取らなくては!という考えは捨てるべきというのがポイントとして心に残りました。これも捨てる技術に関連するわけですが、合格点が80点だとしたら、80点取れるような勉強をすればよい。なにも完全を目指す必要はありません。分厚いテキストを購入したからと言って、購入するだけで満足してしまったり、厚すぎて結局最後まで終われなかったり… こんな事では全く勉強の意味がないですもんね。

各章ごとに使える情報が満載です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・結局「東大生のノートは美しい」は嘘だったのでしょうか。この頃読んだ本には、この本が必ずといって良いほど出てきます。東大の冠がある勉強本は概ね肯定派。講師経験者や他大学の方はそれほどサポートしている感はありません。

・音読の大切さを思い出しました。確かに声に出している方が覚え易いですよね。早速実践しよう。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/485-2b3d6abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。