07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

04/05

Mon.

10:08:39

生で食べてキレイになるローフード・レシピ 2010年 05月号 

Category【料理

生で食べてキレイになるローフード・レシピ 2010年 05月号 [雑誌]生で食べてキレイになるローフード・レシピ 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/03/29)
不明

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 「やせる」「綺麗になる」そんなキャッチフレーズの食事法は、世にたくさんありますが、本当に綺麗にやせることができる方法には、ひとつの共通した秘密がありました……。
 それは、「酵素」。生(=raw)の野菜や果物(=food)を食べて積極的に酵素を摂り込む。つまり、ローフード(raw food)こそが、本当の美を獲得するための答えだったのです。

 昨今、話題になったダイエット本やビューティー本を開いてみてください。あなたはきっとそこに「酵素」という文字をみつけることができるはずです。

 では、どうして今の時代に「酵素」が脚光を浴びているのでしょうか?



最近続けて読んでいるローフード関係の書籍。本書は雑誌べジィ・スタディ・ゴーの臨時増刊号です。

ローフードに多くの関心を持ってはいるのですが、まだ実際には導入できておりません。その理由はいくつかありますが、一番の理由は経済的に負担が大きい事にあります。野菜を生で食べるわけですから、やはり新鮮で安全性の高いものが良い。日本でならば都市部でもオーガニックの新鮮な野菜を購入できるかもしれません。でもここソウルではそうは行きません。そもそもオーガニックや無農薬の概念が農業者に定着していませんから、オーガニック表示への信用度も低いです。となると、生野菜への抵抗も高まります。更にこの頃上の国での核実験の話しもありますので、私は水にしても野菜にしても、できるだけ半島の南側で採取されたものを購入するようにしています。

そして、機材を買い揃える必要もあります。ローフードは48度以上の加熱料理を行いません。基本的にはほとんど生です。ですので、野菜をいろんな形に切ったり、乾燥させたり、すりつぶしたり、混ぜたりという作業が基本になります。となると、キッチンのいつもの道具だけでは難しい。どうしたって専用の機械が必要になります。我が家の狭いキッチンにミキサーだの、フードプロセッサーだのを置くのは難しい・・・

とは言え、やはりローフードの概念には魅了されます。余分な毒素を払いたい私には、是非取り入れたい食事法の一つです。この本を購入した理由はスプラウトという発芽直後の植物で作ったメニューが多様されていたからでした。これなら自宅で野菜を育てることも可能ですし、スプラウトならば韓国でもビビンパなどで多く利用されるので新鮮で無農薬のものが多く出回っています。そして書き出し部にある「酵素」を多く含むものがスプラウト。これなら試す価値があるというものです。

スプラウトの本ですので、52のレシピ全てが綺麗なライトグリーンで飾られています。もっとも野菜が苦手な人がみればそれだけでゲンナリな色かもしれませんが、盛り付け方一つで随分と豪華になるものですね。野菜とフルーツの合わせ方もとても自然で美しいです。

自宅でスプラウトを育ててはさみでバサッと収穫し、あとは食べるだけだとしたら、これは楽にローフードの挑戦できるかもしれませんよ。ローフードが気になる方は是非チラ見してみる価値があります。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・実際にローフードの食事を食べたことがないので、一体どういう味なのかが想像つきません。札幌に1件お店があるそうですので、次回帰国する際には絶対に行ってみようと思っています。

・調味料などの紹介があります。でも、それらがとても高いんですよねぇ…。家族全員がローフードに転向するなら別ですが、自分ひとりでとなるとやっぱり経済的負担が大きいかなぁ。そもそもソウルじゃあ、こんな調味料は手にはいらないだろうから、個人輸入が必須。出来る範囲で、やってみるのが一番かも。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/490-90fe6e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。