09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

04/13

Tue.

19:57:30

わかりやすく〈伝える〉技術 

Category【勉強法

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)
(2009/07/17)
池上 彰

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 誰のための説明なのか

 私の家の近くの駐車場に、「ここはユニバーサルデザインの駐車場です」という看板が出ています。この前を通るたびに、私は、この駐車場が「ユニバーサルデザイン」というデザイン会社の専用駐車場で、関係者以外は駐車しないように警告する看板だと思っていました。
 ところがあるとき、この看板の隅に「○○公社」という、東京都の関連団体を思わせる名称が出ていることに気づきました。どうも、ここが駐車場の持ち主のようです。ということは、「ユニバーサルデザイン」というのは……。
 ここでハタと気づきました。この「ユニバーサルデザイン」というのは、企業名ではなく、一般名詞だったのです。



よっぽど閉じ込められた環境で暮らしているのではない限り、人は毎日誰かに何かを伝えているはず。買い物に行けば「ビニール袋はいりますか?」「いいえ、いりません。」のような会話があるでしょう。思っていることを伝えると言っても、何も難しい社会問題についての意見を語るだけではなく、ご飯を食べるor食べないのような小さな欲求を伝える場合だって同じです。

ただ伝えるのではなく、わかりやすく伝えなくてはならないとなると、これはちょっとした技術が必要です。NHKの子供ニュースが人気だった時期がありましたね。時事問題をとってもわかりやすく説明してくれるお父さんの存在が、「そんなこと今更恥ずかしくて人になんて聞けないよ!」という大人の意見を代弁するかのようでした。まさに「そう!それが知りたかった!」と思わず膝を打ってしまうほど、子供ニュースのお父さんは見事な説明をしてくれる。そのお父さんこと池上さんが書いた「わかりやすさ」の秘訣です。

まず、相手に何かを伝えようと思った時、「話の地図」を示しましょう。「話の地図」とは、これからお話することを説明する地図です。放送業界(というかNHK?)ではこれをリードと呼ぶのだそうです。本に目次があるように、これからお話する内容の方向性を示してあげることが大切。NHKの記者さんたちは、最初にこのリードの作り方をみっちり教わるそうです。これから報道するニュースの軸を一言で示すようなリード。これからは自分の書きたいことに方向性を示してから書かなくては!と思いました。

「こどもニュース」がとんでもなくわかりやすかったのは、難しい枠を図を使うことでモヤモヤした部分を一目瞭然にしてくれたからではないでしょうか。この本でも上手な図解の作り方、図解を使う際の説明の仕方について学べます。これはプレゼンにも共通することですから、社会人必見でしょう。実践編には3分間のプレゼンを想定したレッスンがあります。

私が一番付箋を貼り付けたのは、「日本語力を磨く」という項目です。例えば文章に論理的なつながりがあれば、接続詞を多様せずとも文章がなりたちます。そしてわかりやすい文章というのは、一文一文が短いそうです。ここで得た知識、私は全部ノートに書き出しました。

新書という手軽さながらも、内容はどっしりしています。なのに文章は読みやすく、実例と共に頭に残る。これは保存版として大切にしたい1冊です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・新しい言語を学び始めてまもないのに、いきなり海外で生活する事になってしまった人、この本を読んで下さい。少ない語彙力でいかに相手に自分の要求を伝えるか。これは「わかりやすく」しかないんです。発音だの文法だの、そうじゃなくてもいろいろなネックがあるわけですから、シンプルな短い文でも伝えなくちゃ。伝える力は語学力だけではないようです。方法一つで何倍も伝わりやすくなります。韓国に来たころにこの本に出会いたかった!

・わかりやすく伝えるには、話しの本質を捉えることが大切です。まずは自分の頭の中も綺麗にわかりやすくしなくちゃ。

・お父さん、スゴいですね。賢くて優しそうなお父さんのイメージぴったり。本書も非常に読みやすくてよくわかる本でした。

※保存のままでupに繋がっていませんでした。スミマセン。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/496-4b12477c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。