06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2007

11/23

Fri.

18:44:56

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 

Category【自己啓発

さて、仁寺洞のスタバで一気読みしたこの本。早速ご紹介したいと思います。

以前から読みたかった一冊、偶然ソウルの本屋さんで見つけました。『7つの習慣』を読んだ後、時間の有効使用についての方法がまた明確になりました。タイトルの「レバレッジ」とは、一言で言うと「てこの原理」です。大きな物も、てこの原理を利用すれば、楽に持ち上げる事ができます。「レバレッジ・シンキング」とは、てこの原理を使って、少ない労力で最大の結果を得ようという考え方の事です。

その考えを、本田氏は、DMWL(Doing more with less)と表現しています。

小さな力で大きく掴む方法が、4つの角度から説明されています。
キーワードは、「労力」「時間」「知識」「人脈」。
これらにレバレッジがかかると、成果は1+1=2から、1+1=∞になるわけです。

さて、ここからは私の感想です。
この本は、自己投資の方法を具体的に表現している本だと思いました。「7つの習慣」的に言うと、時間のマトリックスの「2」を育てる方法だと思います。自己投資や自己啓発なんていう言葉がありますが、人の数だけやり方が存在すると思います。その中で目標を実現できた人はどのくらいいるのでしょうか?恐らく一握りですよね。うまく行かなかった原因は、恐らく本を読んだだけでやった気になって実践しなかったり、スタートし始めたけど継続しなかったからだと思います。この本の良いところは、絶対にスタートラインに立って、走り始められるヒントが秘められている事です。今日はそのうちで、私が「おぅ!」と実際走り出したポイントを2つ、まとめておきたいと思います。

その? 二毛作
二毛作、ご存知ですよね?年に2度、同じ畑から収穫できちゃうというアレです。一粒で二度おいしいという事ですね。さて、忙しい時、スケジュール帳もいっぱいいっぱいで、1ミリも時間なんか割けないわ!という時があります。そんなあなたに朗報です。時間、2倍にしちゃいましょう。それが二毛作です。2つの事を同時に行う事、それが二毛作。例をあげます。

・通勤時間に読書する(通勤+読書)
・オフィスにあがる時、階段を使う(通勤+運動)
・デートの時、得意先のショップを見る(愛+市場調査)

上の3つは、仕事+何か、というパターンを上げてみました。このように、実は時間をダブルに使える瞬間が、あなたのきつきつスケジュールにも存在しています。それを見つける。どうです、出来そうでしょ?そして、「二毛作、何ができる?」と考えるだけでも楽しくないですか?

私の考えた二毛作。ソウルにいる日本人主婦の二毛作。
・ドラマ見ながら、知らない単語をメモる(娯楽+勉強)
・ドラマ見ながら、アイロンかける(娯楽+家事)
・料理を作りながら、パソコン作業(家事+娯楽)


その? ゴールを設定する
痩せよう!そう思った時、目標を立てますよね?5キロ痩せよう、みたいな。でも上手く行きません。どうしてでしょう?それは、ゴールが具体化してないからです。もし、こんな風に痩せる決意を決めてたらどうでしょう?

7月1日までに、5キロ痩せよう!どうして7月1日?なぜならその日からハワイに行く。水着を着るのだよ・・・。7月1日まで、あと3ヶ月。とすると、7月1日には45キロになる。あと3ヶ月、どんな風にダイエットをしようかな?そういえば、○○さんの本にダイエットのポイントがまとめてあったな。会社の△△ちゃんも、最近細くなったしジムに通ってるって言ってた。ポイント聞いてみよう。成功者の前例をまとめてから、運動量と運動時間とジムの日程を手帳に書いていこう!で、1週間単位で目標立ててチェックして、達成したらはーとのシールをカレンダーに貼ろう。で、ジムと運動の時間は最優先でスケジュールをブロック。あと食事も気をつけなくちゃ。これもみんなの意見を参考にしよう。

こんな風に、「なぜ」「どうやって」「どんな風に」「いつまで」「いつ、どこで」を具体化した上で、チェック作業でフィードバックをしっかり行っていれば、それが習慣化されます。そして目標達成の道が近くなると思います。目標はどデカいのは難しいです。だからと言って、小さい目標に変更するのではなく、小さい目標を積み重ねて行く事で大きなものへの道筋を立てる。どうですか?目標、甘く立ててませんでしたか?私は甘かったです。そのうちで達成できてたものは、大抵「運」です。(笑)

ところで、この本の最後の章である「人脈」には感動しました。自分の価値の計り方について、改めて学ぶきっかけとなりました。それは「人に何を与える事が出来るのか」。私の周りの友人は、みな非常に長けている人ばかりなんですね。そんな中で私一人だけ、何も提供できる技術も力も無いんです。相手に何をしてあげる事が出来るのか。それを育てる為にもレバレッジ・シンキング、実践したいと思います。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

良い本だったので、でかい写真を採用!詳しくはこちら


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/5-1b5c0ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。