04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

06/21

Mon.

21:36:40

神の守り人 

Category【日本文学


神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
(2009/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
(2009/07/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 月が、大地に霜のような光を落としている。
 その淡い光の霜を踏み散らして、騎馬の武人たちが駆け抜けていく。彼らが左手に掲げている松明の火が、残光の尾を闇に残していた。
 小高い丘をのぼりきったとき、彼らは眼下に、ぼうっと輪になった明かりを見た。シンタダン牢城だ。牢城お周囲に張り巡らされた高い防壁のうえには、転々と篝り火が燃えていたが、防壁の上を巡回しているhざうの兵士が持つ松明の動きは、まったく見えなかった。
 防壁の内側には、三つの牢館が見える。それぞれの牢館の窓からも明かりがもれている。
「……まったく、動くものが見えませんね」
 はやるように足踏みをしている馬を、手綱をしぼって抑えながら、若い武人が、先頭にたっている武人に声をかけた。先頭の武人の馬は、ぴたっと静止したまま、彫像のように眼下の牢城を見おろしている。先頭の武人が口をひらいた。



守り人シリーズ初の長編。上下2巻になっています。

今回の舞台は、新ヨゴ皇国の隣のロタ王国。バルサはタンダの薬草の仕事に同行してロタ王国へとやってきます。偶然人買いが子供を襲っているところに出くわしたバルサは、彼らを助けようと戦います。ところが、この子たちには国を揺るがすほどの秘密があり、王室も彼らを追っていました。彼らはタルの民と呼ばれ、ロタ人とは離れて暮らす民族。一族の中には占術に長けたものが生まれることもあり、バルサが助けたアスラもそんな力を秘めています。子供を助けるたけに翻弄するバルサとタンダ、そしてロタ王国の王室の後にながれる暗い歴史が重なりあう長編です。

人を騙すこと、利用すること、裏切ること、それに打ち勝つバルサの力強さがかっこいいです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・2010年6月現在、守り人シリーズはこの作品までが文庫化されています。現在は単行本にて続編がいくつかでているようです。早く続きが読みたいなぁ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/511-bdf62f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神の守り人来訪編 上橋菜穂子

繝ュ繧ソ邇句嵜蟒コ蝗ス縺ョ莨晁ェャ縺ォ縺セ縺、繧上k縺翫◎繧阪@縺咲・槭ち繝ォ繝上?繝、縺ィ繧ソ繝ォ縺ョ豌代→縺ョ遘伜ッ?→縺ッ窶ヲ邇句ョカ縺ォ莉輔∴繧矩國蟇?き繧キ繝」繝ォ縺溘■縺碁□縺??縺九o縺励◆繝ュ繧ソ邇句ョカ縺ィ縺ョ邏...

2010/10/12 15:45 | 粋な提案

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。