09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

06/29

Tue.

23:37:48

天才ファミリー・カンパニー 

Category【マンガ


天才ファミリー・カンパニー 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 に 1-1)天才ファミリー・カンパニー 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 に 1-1)
(2008/06/24)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


幻冬舎から漫画文庫が出ていたんですね!この本に出会うまで知りませんでした。

さて、この本は今をときめく『のだめ~』の作者 二ノ宮知子氏によるものです。幻冬舎漫画文庫では6巻モノで出ています。ちょうど『のだめ~』の直前に書かれたもののようですね。

『のだめ~』も天才が登場するという点では共通しますが、この本に出てくる人々は突出された知力や能力の持ち主である他、強烈な魅力を持ち合わせています。

主人公は高校生の夏木勝幸。彼はとんでもなくお勉強ができる天才である上に、経済やお金が大好き。そのせいか高校生らしからぬ風貌と雰囲気を持っています。証券会社勤めだった父が幼い頃に亡くなったため、母良子一人で勝幸を育てます。良子は会社勤めをしていますが、勝幸のアドバイスに従って仕事をしているうちに、とんとん拍子で昇進。勝幸の夢はハーバード大に留学してMBAを取って、バリバリのビジネスマンになることで、今はその夢ももう直ぐ手に届きそうなところにあります。

そんな順風満帆の勝幸の前に、あつ日突然母の再婚相手が現れました。それも一人でではなく、自分と同い年の息子を連れて…。再婚相手の田中荘介と息子の春は、世界各地を旅して過ごしてきたという自然派そのものの性格です。勝幸とは全く逆タイプの二人ですが、荘介は自称小説家、春は自然大好き人間としてその才能を発揮しています。

最初はギクシャクな生活ですが、そのギクシャクさも天才ならではのもの。

6巻もありますのでかなり読み応えがあります。少女マンガというよりは、ビジネス書の雰囲気もありです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・札幌駅の弘栄堂で衝動買いです。しかし、買ってよかった!この本、すごく深いですよ。こんな時、自分ならどうするだろう?と思いながら、次々と湧き上がってくるトラブルにハラハラしながら読みました。読後、なんとも爽快です。

・『のだめ~』よりも大人向け+男子向けな気がします。

・読むたび「ああ、そうか。そうだよね!」と刺激受けてます。マンガがモチベーションアップになるなんて、素晴らしい。ビジネスマンの皆様、読んでみて下さい。オススメ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/520-a531ee68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。