04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

09/15

Wed.

11:08:04

色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント 

Category【ライフスタイル


色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント色を楽しむ、色と暮らす インテリアペイント
(2008/11/21)
プラスワン特別編集

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

Prologue
PAINT YOUR LIFE

色と暮らそう!
あなたのインテリアは
もっともっと楽しくなります

今、この本を開いている
あなたの部屋の壁の色はどんな色ですか?
落ち着くのはやっぱり白い壁?
でも、そこから少しだけ進んで、
自分にぴったり合った色と暮らしてみませんか?

誰にでも好くな色、心落ち着く色、気分にぴったりの色があります。
上手に色を選び、インテリアに取り入れて
毎日、目にしながら暮らせたら、人生はもっと楽しくなるはず。



ペイントとあるので、「壁に色を塗らなくちゃダメかな?」と思ったりしましたが、そんなことはありません。色を上手に組み合わせることで、こんなにも印象が違いますよ、ということが学べる本です。私のように模様替えを考えている人も、これから新しくおうちを建てる方も、家具を新調しようと思っている方も、まずはこの本を読むべきだ!と強く思いました。

この本も一般の方(だと思われます)のお家のようすが紹介されているのですが、もう「これはプロだろ」と思うような美しさ。美術館のようにさえ見えます。これも壁の色、インテリアの色のなす技なんだろうなぁ。

http://allabout.co.jp/r_house/gc/45793/

上のサイトで一部の写真が見られます。

この本を読んでいると、今まで私が「インテリア」をいかに軽視してきたかがわかりました。全体像の捉え方やバランスが本当に絶妙なんです。部屋の一角が映っているだけなのに、すーっとその中に入っていくようなイメージというんでしょうか。どんなにすばらしい家具を置いているとか、高級品に溢れているといかそういうんじゃないんですね。しかも夕方と朝方とで見え方って違うのか。なるほど、そういうことももっと考えなくちゃ。

この表紙を見ていて思うんですが、清潔感も色に大いに左右されるんですね。白の白さを引き立てる色っていうのもあるんだと思うのです。逆に汚れて見えたり、もっとヒドくなると汚れを際立たせるような色のパターンっていうのもあるのかもしれない。

色、あなどれません!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・何度も見てます。だって美しすぎるんですもの。片付いているだけではなく、情景があるんですよね。ああ、私もこんな家に住んでみたい。

・それにしても、香りが感じられるのが不思議です。次々ページを捲りながら「ああ、これはグリーンな香りだ。これはフローラル」などとつぶやきながら読んでます。

・この本は絶対におススメ。いつまでも使える本です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/565-3e3a4efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。