03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

10/13

Wed.

08:04:48

空色勾玉 

Category【日本文学


空色勾玉 (徳間文庫)空色勾玉 (徳間文庫)
(2010/06/04)
荻原 規子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 夢の中では、狭也はいつも六つだった。
 暗闇のはてに、遠く火の手があがっており、そこだけ空が焼けてみえる。火は、それまで狭也がこの世で一番たしかなもの、逃げ帰ればいつもやさしく受けとめてくれると思っていたすべてのものの上に、意地悪い鬨を上げて燃えさかっているのだ。暖かくくすぶる炉ばた―なべの料理人と人肌のにおいにみちた狭い部屋―狭也専用の木のお椀―粗い布目の下の柔らかくふくよかなひざ―それらがみんな燃えていた。
 そして少女は、村はずれの沼地までのがれてきたものの、手をひいてくれる人もなく、もうどこへも行けなかった。枯れかけた葦の茂みにうずくまり、のどもとに恐怖のかたまりをつかえさせ、なくことすらできずに縮こまっていた。
 夜の沼地は重苦しい泥のにおいと、死んだ蛙のにおいとでよどみ、怯えた小さな少女をうちひしがせた。地面はじくじくと水っぽく、長くしゃがんでいたせいで足指のきわに水がたまりはじめる。いつのまにかお尻も冷たくぬれてしまい、みじめなことこの上なかった。それでも、その場所を動くわけにはいかなかった。葦の葉のすぐ向こうに何人もの鬼がおり、少女を求めてうろつきまわっているのだから。




守り人シリーズを読み終わり、何か新しい日本のファンタジーをと密林をうろうろしていたところで出会いました。

私が日本のファンタジーを読みたいと強く思うようになった背景には、梨木果歩さんの本で開眼し、上橋菜穂子さんで味をしめるという流れがあります。この作品は守り人シリーズのページ内で紹介されており、評もおおむね好評というところで早速購入してみました。

内容は、まるで日本の神話のような流れです。それぞれの地に八百万の神が住み、天と地を支える神がいる。書き出しに出てきた狭也は、村の娘として育ちますが、本当の両親は村の人間ではありません。ここには天と黄泉の世界の神に支配された一族がいるのですが、本来狭也はその血筋の人間です。

日と月に象徴される双子の姉弟は「輝の宮」に住み、その美しい姿に狭也も憧れを抱いています。土地の祭りに若者同士で歌を送ることで婚姻を結びつけるものがあるのですが、その祭りの前日、狭也のまわりにいろいろな変化が起きます。祭りにやってきた楽団、とつぜん祭りに訪れた王子。狭也は自分の本来の身分を知り、国のためへの戦いに身を捧げます。

神話の中にある神々の神秘性や、日本独特のその地の神の存在というのが、お話を非常に身近に感じさせつつも、やはりファンタジーの要素に強い香りを与えています。なんとなくですが、ケルトの神話に似た雰囲気を感じました。この作品は3部作だそうで、アメリカでも翻訳が出ているとか。

狭也の住む国の名が「豊葦原」ということや、祭りの風習や清濁の基準など、とても日本色の強い作品であることを感じさせてくれます。日本人ならだれもが聞いたことのある「大蛇(おろち)」がお話の鍵を握っていることも見逃せません。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・梨木さんや上橋さんの本とはまったく違った印象です。なんとなく神話調なのがファンタジーに新しい色を加えたようなイメージです。

・書籍内容とはまったく関係ないのですが、初めて徳間文庫の本を手にしました。紙質がすごく柔らかく、ページが開きやすいのに驚きました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/574-40fc8e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。