10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

10/12

Tue.

08:25:22

"すっきり暮らすための収納アイディア343 

Category【ライフスタイル


すっきり暮らすための収納アイディア343 (オレンジページムック オレンジページやさしい実用ブックス)すっきり暮らすための収納アイディア343 (オレンジページムック オレンジページやさしい実用ブックス)
(2009/04/02)
不明

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

住まいにかかわることの中で、
「収納」は多くの人にとって最大の関心ごとです。
これは、物をたくさん持っているからこその悩み。
物を簡単に捨てることができれば、
それはたちまち解決するのですが、
捨てるということが、なかなかむずかしいのは
みんな知っています。

一度は欲しいと思って手に入れたものですし、
ろくに使っていないものもあります。
環境のことを考えると、自分の家から追い出しても、
一方で、ごみを増やすことになるわけですから、
心が痛みます。
もっとも、これも捨てられないことの
言い訳なのですが。

自分の持ち物を見つめ直すことは、
買い物の履歴を見る以上に大きな何かがあるようです。
持ち物を振るい落とすことは、
自分の価値観を問い直す、
あるいは修正するということで、それはときとして、
生き方を問われることにもなります。



少し長めに引用しました。
この「はじめに」を読み、「私にもできそう!」と心強い気持ちになりました。

最近は「捨てる」をテーマにした本や掃除の仕方までもを教える本がたくさん出ています。その中で、友人が紹介してくれたカレン・キングストン女子の『ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門』をメンター本として、掃除や模様替えの際への参考としています。でも、結局は器のサイズが変わらない限り、相当量を処分しなければ「片付いた!」との満足感を得られません。狭い我が家を占めている家具を処分する。いったいそれは可能なことだろうか・・・。これがいつも私が悩んでいることでした。

しかし、この本の多くの写真を見るうちに、うっすらと答えが見えてきたのです。「捨てる」に神経を注ぎすぎた結果、新しいものを増やしてはならないという思い込みがありました。でも、収納グッズを上手に使いこなすことは、器の収納力を増やすのに大きく貢献してくれます。なによりも、きれいに片付いている風なのです。見た目が美しい。

見せる収納というのがありますが、地震の多い日本ではなかなか勇気のいる選択肢ですね?ここ韓国でも乾燥で埃が多く掃除の手を抜けないという弱点があります。この本で紹介されている見せ方は、きれいな入れ物にいったん片付けるところにある。籐のカゴやトートバッグがこれほど散らかり具合を軽減してくれるとは思いませんでした。

一時期、お菓子の箱やジャムの空き瓶を上手に使ったインテリアがはやりました。でも、これって色もサイズもばらばらで、何かと見た目に美しくない。それよりは、容器を統一した方が収納力を大きくアップさせます。サイズが違うと、片付けた時に空間にでこぼことした無駄なスペースができてしまいます。容器も無印良品などにあるシンプルなものが多様されています。

何よりも、写真で確認できるのがいいですね。片付いている様子の目安となりますので、掃除が苦手な方にはおススメの一冊です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・我が家の場合、キッチンの収納をまだまだ見直せることがわかり助かりました。「なんだー!」と思えるようなちょっとしたアイデアですが、我が家も少しは片付きそうです。

・最近の日本は、木を多様したデザインが好まれるようですね。北欧風というのでしょうか。この本の中でもカゴや木製製品がたくさん出てきます。それも淡い色の木。逆に北欧の本なんかを見ますと、逆に重厚間のあるイメージですが、日本は明るさを求めているように感じました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/575-9cdf3332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。