08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

10/15

Fri.

21:25:26

人生と仕事について知っておいてほしいこと 

Category【自己啓発


人生と仕事について知っておいてほしいこと人生と仕事について知っておいてほしいこと
(2009/12/22)
松下 幸之助

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

序にかえて

 ある外国の経営者に、「ビジネスパーソンにとって最も重要な責務は何か」と松下幸之助が問われたことがあります。もちろんそれまでも、さまざまな場において、人生や仕事で大切なこと、大事なことを述べてきてはいましたが、松下はここでこう答えています。

 まあ、簡単にいうと、みんなに愛されることですね。

 愛される人であること―少し仰々しい物言いかもしれませんが、これは松下の素直な心の発露であったといえます。常に向上心をもって厳しい現実と向かい合い、日々困難な仕事に取り組んでおられる皆様には、この言葉がすんなりと心の中に入ってくるのではないでしょうか。
 人間はだれしも磨けば光るダイヤモンドの原石のようなものであり、だれもがそれぞれの才能を秘めている。そのそれぞれの才能が咲き乱れる百花繚乱の社会こそが真に美しい、松下はそう考えていました。



松下幸之助氏に関する書籍は、いつも読了後に何か温かいものが心に残ります。本書は松下翁が直接若い人々に語られた言葉をまとめたものです。決して難しい言葉を使っているわけではありません。しかし、1つのエッセイを読み進めるごとに、ドスンと重いボールがパスされたかのような気持ちに。

この本はさーっと速読で目を通すより、ひとつひとつのエッセイを噛み砕きながら読んでいきくなる類のものでした。途中で自分を振り返り、初心を思いだし、考えながら読み進めたい。最近すっかりスローリーディング傾向になっているのですが、ゆっくり味わいながら、理解しながら読みたいという本に出会うと、さーっと速読というわけにはいかなくなります。気がつくと、ふと何かを考えさせられる本です。

最近はうわべだけの成功本がたくさんありますが、松下翁の書籍はいつもはずれがありません。読み手の心の芯をしっかり支えてくれる本のように思いました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・この本を読んで、まっすぐ前を向いて歩けるような気分になりました。形が見えてきた気がする。

・哲学書を読んだ後のように、自分との対話がより深くなった気がします。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/577-1df2ddf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。