04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

03/04

Fri.

11:04:22

パリジェンヌのお気に入り 

Category【ファッション


パリジェンヌのお気に入りパリジェンヌのお気に入り
(2008/09/17)
米澤よう子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 パリジェンヌ―
 そこからどんなイメージをしますか?
 私は、職業柄、資格であらゆること
を察知します。みなさんが言葉で覚える
としたら、私はまるで写真を撮るように、
その一瞬を、瞬時に映像で脳にインプッ
トできるのです。
 カフェで、家で、美術館で、公園で。
 パリジェンヌたちを見ては、スケッチし
ているうち、私の描く女の子が変わりまし
た。極上のアイテムではないけれど、ぴっ
たりとしたサイズの服を身にまとい、いろ
んな肌色で、いろんな髪色の女性たちを
描くようになりました。そして背筋がすっ
と伸びて、しなやかになりました。スタイ
ルがよいとか、美人かどうかなんて、問
題にははりません。いつもは真剣で、う
れしいときに笑い、悲しいときに泣く、表
情の豊かさが、絵に彩りを添えるのです。



以前にご紹介した『パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法』の米澤よう子さんの作品。『パリ流 おしゃれアレンジ!』があまりに面白くて、第一作目にあたるこちらも購入してみました。

米澤さんの作品はとにかく絵がパリそのもの。美しくかつかわいいんですね。それだけで気分が良くなりますが、ファッションの上での勉強になることも間違いなし。ファッションは流行そのもの。2008年に出版された書籍ですので、内容に若干古さを感じさせるものもありますが、とはいえパリジェンヌがテーマです。廃れにくいアイテムが紹介されているのも大きなポイント。この本を読み、私、ロンシャンのトート買っちゃいました。コンバースのスニーカーも欲しいところ。

前作に比べ、ファッションがテーマの中でもよりパリ生活に密着している感があります。日常にカフェがあり、ワインがあり、歌があり― なパリ。お土産情報なんかも楽しいです。

この本を読み、手持ちのアイテムから「甘さ」がさらに取り払われました。気をつけている点では、出来る限り軽快に歩くようにしています。すでにマダムの年齢の私ですが、パリジェンヌのような垢抜けた様相を身につけたい!おしゃれも努力です!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・女としての義務、私はおしゃれと料理は一番のハイレベルだと思っています。その二つになかなかのめりこむような興味を抱けない体質なので、どんどんオヤジ化しておりましたが、米澤さんの本を読んで開眼しました。これは、いい!

・とくにアクセサリーの使い方や、見た目のバランスはとても参考になります。ヒールの使い方もさまになってきたんじゃないかなーと自己満足中。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/631-a0622695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。