07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

03/03

Mon.

09:34:22

外国語上達法 

Category【語学 

今日の読書はこちら。

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
(1986/01)
千野 栄一

商品詳細を見る


最近「勉強法」に関する本をよく読んでいますが、私が始めて手にした勉強本は千野栄一先生の『外国語上達法』でした。始めて買った新書でもあります。何度も読み、傷みがひどくなる度に買い換えました。今我が家にあるのは3代目です。


 私は語学が苦手である。論より証拠、中学では英語でずっこけたし、旧制高校ではドイツ語でえらい苦労をした。そして、やっと入った大学は一年延長したにもかかわらず、専攻のロシア語でロシア文学を楽しむなどという醍醐味はついぞ味わったことがなかった。
 まわりの友人を眺めると、中学時代から英語の小説をどんどん読んでいた奴もいれば、あっという間にドイツ語をマスターして、どうしてこんな構文が理解できるのかというような長い分をいとも軽々と読みこなし、結局哲学の教授になった友人もいる。大学時代も私がCと書いてエスと読むとか、Rのうらがえしの文字Яがあるなんてびっくりしているうちに、レールモントフの『現代の英雄』を読み上げた奴や、どこがどうつながっているか文の構造を考えるだけで精一杯の私を尻目に、プーシキンは『オネーギン』がいいの、『青銅の騎士』がどうのと大論争を展開する仲間がいた。


千野先生は東京外語大学名誉教授でチェコ語を中心とするスラブ語を専門となさっておりました。主な書籍は殆どが言語学に関する内容かチェコ語の翻訳です。そして上の書き出しの引用部分ではかなりご自分を謙遜なさっておられますが、言語学者の千野先生は驚くべきお方です。また引用いたします。


 人生の折り返し地点に近づいたとき、「あなたは外国語が得意だから・・・・・」といわれて唖然としたことがある。・・・・・・・

 考えてみると、英・独・ロシア・チェコ・スロバキアの五つの言語には翻訳されて活字になったものがあるし、外交官の語学養成機関である外務研修所で教えたことのある言語も、ロシア・チェコ・セルビア・ブルガリアの四つがあり、このほか大学では古代スラブ語も教えている。さらに辞書を引きながら自分の専攻の分野の本を読むのなら、フランス語、ポーランド語と、そのレパートリーは拡がっていく。それに国際会議の場での通夜句の経験もかなりあるし、ほんの数回だが同時通訳の経験もある。こうみてくると、たしかに日本人としては語学が得意といわれても仕方がないのかもしれない。



千野先生、すごすぎます・・・。私はこの本を読み、千野先生のポリグロットぶりに魅了されました。そして千野先生のように語学が出来るようになりたいとそれは熱心に愛読したものです。千野先生の先生方も「絶望的に」語学がお出来になったそうです。この本の中でも諸先生の素晴らしさが多々語られているのですが、それはもう信じられないスゴさです。

東京外語大学は日本を代表する外国語の研究施設です。そこで脈々と語り継がれている学習法がこの1冊に納められています。考えてみて下さい。千野先生の時代、千野先生の先生方の時代、その先生の先生方の時代に今のように充実した語学テキストがあったと思いますか?辞書だって無かったはずです。それなのにネイティブが驚くような語学力をお持ちでした。

この本の素晴らしい点は、「英語で良い点を取った人」ではなく、語学の専門家の意見が語られている事にあると思います。また英語だけではなく、日本では参考書を探すのも難しいような言語まで習得なさったプロの秘訣とエピソードからなっている。これは大変貴重な本です。多言語を習得するとはどういうことなのか、そしてそれを活用するというのはどういうことなのか。日本語との相違点や構造の仕組みをわかることで、語学がどれだけ楽しく感じられるかがわかります。

なんとも勇気づけられのは、「忘れることを恐れるな」ということばに尽きます。この理由はぜひ、本書をどうぞ。私はくじける度に、この文章を読んでいます。

この本はまずは目的と目標をはっきりさせること、つまりなぜ学ぶのか、ゴールはどこかに焦点をあてることから始まります。つい語学学習となると、欲張ってネイティブレベルを狙いがちですが、それは誤りだそうです。ネイティブでも、知らない語はたくさんあります。私達だって、すべての日本語を知っているわけではありませんし、新聞に出てくるわからない単語を無意識に飛ばして読んでいたりしているのです。一生に一度も言わないであろう植物や動物の名前まで覚える必要はありません。それは安心して辞書にまかせていいそうです。

次に「語彙」「文法」「学習書」「教師」「辞書」「発音」「会話」と、各項目への詳細説明に入ります。この本は語学に携わる人全てに向けて書かれています。よって学ぶ側だけではなく、教える側にも有益ですし、語学テキストを作っておられる方や、語学のお仕事をなさっている方にも大変タメになる情報に満ちていると思います。私はいつも語学テキストを購入する際、迷いに迷ってしまいます。特に教える側としてテキストを選ぶ時はものすごく迷います。そんな時は家に帰ってこの本を読み、もう一度書店に出向いておりました。辞書の選び方は雑誌などでも特集されますが、参考書やテキストについて書かれているものは少ないのではないでしょうか。

【まとめ】
この本を読めばモチベーションがあがると思います。そして語学に対する思いも変わると思います。具体的に「○○を100回読め」のような指導はありません。その代わりどの言語にも適応する基礎がたっぷり記されています。語学学習の道しるべとして最適な一冊だと私は思っています。とにかくプロの言語習得過程を覗いてみて、損はないと思いますよ。本当におもしろいです。

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
(1986/01)
千野 栄一

商品詳細を見る


無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
(2007/04/05)
勝間 和代

ムギさんの勉強法


わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)
(2000/03)
ロンブ カトー

この人もおそるべし人です


banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/65-65fd3922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。