08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

07/13

Wed.

11:45:59

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 

Category【日本文学


天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 

バルサ、あなたは、いま、どのあたりにいるのだろう。
あなたのことだ、大軍を率いているわたしたちより、ずっと身軽に山を越えて、もうタンダに会っているのかもしれないね。―懐かしいなぁ、あのタンダの家。わたしはもう、二度と見ることはあるまいが……。

こちらは、昨日、無事に国境の峠を越えたよ。
カンバルの騎馬兵たちは、無骨だが、心やさしい者たちばかりだ。みな、どこかあなたに似ている。
もうすぐ、イーハン王子のおられるジタンに着く。時短に着いたら、綿密に作戦を立て、それから、出発だ。―いよいよ、新ヨゴへ向けて。

長かった。でも、あっという間だったような気もする。

新ヨゴは、どうなっているだろう。シュガたちは、息災だろうか。母上は、ミシュナは、―父上は……。




守り人シリーズの最終章。ああ、本当に終わってしまったー!!!

バルサと分かれたチャグム王は、カンバルにての連盟の手立てを整え、いざロタとカンバル軍を率いて新ヨゴへ戻ります。チャグム王が諸国にて苦戦を強いられている間、新ヨゴはタルシュの軍によりどんどんと痛みを負っていました。軍の規模にも雲泥の差がある上に、長年戦とは縁のなかったヨゴの民は急場しのぎに草兵を徴収。各村から働き手である男たちが連れて行かれ、何の訓練も受けていない庶民がどんどんとタルシュの餌食となっていきます。その草兵にバルサの想い人、タンダも連れて行かれる。

チャグム王に新ヨゴを救うことができるのでしょうか。タンダは無事なのか。バルサとの人生はどうなるのか!

最後の最後までハラハラが続きます。最終章の3部作は途中で投げ出せないほどのおもしろさでした。

【守り人シリーズ 関連記事】
・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人
・神の守り人
・蒼路の旅人
・天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編
・天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国

 この本を読んで 

・このシリーズ、とにかく最初から通読すべきです。途中で読んでは内容が分からない上に、もったいない。

・最終シーンもジーンと感動が残り、「これこそ最終回」な気持ちになりました。満足度の大きいファンタジーです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/659-4fdb90e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。