07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

03/04

Tue.

11:25:47

知的生産の技術  

Category【勉強法

ムギさんのグーグル本で紹介されていた本を少しづつ購入して、読み始めています。

今日ご紹介するのは、こちら。

知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
(1969/07)
梅棹 忠夫

商品詳細を見る


 
 この本ができあがるまでのいきさつを、かんたんにしるしておきたい。
 この本は、著者ひとりでできあがったものではない。たくさんの友人たちの、共同作業の結果のようなものである。
 わたしは、わかいときから友だちにめぐまれていたと、自分ではおもっている。学生時代から、たくさんのすぐれた友人たちにかこまれて、先生よりもむしろ、それらの友人たちから、さまざまな知恵を、どっさりまなびとった。研究生活にはいってからも、勉強のしかた、研究のすすめかた、などについて、友人からおしえられたことがたいへんおおい。それぞれ専門はちがっていても、方法の点では共通の問題がおおかったのである。それも、ひらきなおて科学方法論と証するほどのことではなく、研究のすすめかたの、ちょっとしたコツみたいなものが、かえってほんとうの役にたったのである。そういうことは、本にはかいてないものだ。


『週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 』のムギさん特集の記事によりますと、『知的生産術のジャンルにそびえたつ金字塔。すべての道は本書に通じるといっても過言ではない。とにかく本に書いてあることを愚直に実践した。」とあります。そしてこの本をムギさんが読んだ時期は30代前半。私、ギリギリ?いえ、ちょっと遅かった・・・。ま、いっか(笑)

ところで上の引用文です。漢字が少ないと思いませんか?この本の初版は1969年です。およそ40年前の本なんですね。その当時の最先端はかなのタイプだったようです。そして漢文調の文体よりも、戦後の国語改革によりかなに漢字が少しまじる文章のほうがふさわしいとされていたようです。意味が通じにくくなるギリギリのラインでちょっと漢字が入る程度の文章ですので、中学生でも楽に読める文章だと思います。

ところで内容です。まさにムギさんの勉強本の基礎、そして元祖勉強本という印象を受けました。時は流れ、随分便利になった今となっては、この本の知識は少し古いかな?と思える部分もたくさんあります。でもムギさんも実践なさったとあります。私も今でも十分に通じるものがあると思いました。

まず「発見の手帳」がそれです。

『神々の復活』にでてくるダ・ヴィンチは、もちろん、よくしられているとおりの万能の天災である。しかし、この天災には奇妙なくせがあった。ポケットに手帳をもっていて、なんでもかでも、やたらにそれをかきこむのである。


これは手帳の使い方、メモの取り方、アウトプットの仕方に通ずるものがあります。この章ではメモの取り方についての詳しい例と説明があり、次に大ブームとなった(らしい)カードの使い方まで「書くこと」「記録すること」の説明があります。カードは今でも多用できそうです。なかでもアイデアを繋げて文章を作るというのは、とても画期的だと思いました。

「つん読」という言葉、私はどこかのブログで知った言葉でしたが、これは梅棹先生の言葉だったんですね。1度読んでから、積んでおくのが「つん読」だそうです。読んだ数日後に読書カードに記録するため「積んで」おく。記憶が熟成してからカードを書くんですね。私は読書カードはマインドマップを使っていますが、私も読書一日後に書いています。

【まとめ】
この本は日本の勉強本のスタートにあたる本だと思います。もっと早く読んでおきたかったです。パソコン普及前の本ですので、やはり物足りなさはあります。新しい事を取り入れるのももちろんプラスですが、先人の知恵に従うのも大切なことです。この本はまさにタイトル通り「知的生産の技術」が盛り込まれています。アナログ感もありますが、「やってみよう」と思えたことはたくさんありました。そして多くの勉強法で推奨されている技術の理由や、勉強本の構成具合の理由を知るには、これを読むのが一番かと思います。

知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
(1969/07)
梅棹 忠夫

商品詳細を見る
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る


banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/66-a080c1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。