05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2012

03/15

Thu.

05:34:29

ここはグリーン・ウッド 

Category【マンガ


ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
(2000/12)
那州 雪絵

商品詳細を見る


昭和のマンガが懐かしくなって購入しました。

学園モノで男子校モノです。今人気?のボーイズラブとは異なります。笑える話が多いです。


グリーンウッドとは日本でも有数の男子進学校にある寮の別名。緑林寮という名前を英語読みにしたものです。

主人公の蓮川一也は難関を乗り越えて合格するも、胃潰瘍のために1ヶ月遅れて入学します。幼い頃に両親をなくし、自分を育ててくれた兄の通った学校に入りたいという夢を持っていましたが、なんとその兄が大学を出て大変身。きっと日本を代表するようなスゴい人になると思っていたのに、母校の、しかも男子校の保健医になってしまったのです。しかも一也の初恋の人と結婚までしたために、自宅からの通学を諦めて寮に入った一也。

しかしその寮は変な人の巣窟として有名な場所でした。同室者はどこからみても女の子みたいな瞬、寮長と生徒会長が隣の部屋にいるほか、奇妙な人たちが山のように住んでいます。

昭和らしいどこかほのぼのとしたマンガです。

 この本を読んで 

・まだカセットテープが流行していた次代のお話、と言えば時代背景伝わるでしょうか。
・有閑倶楽部と同じ頃によく読んでいました。懐かしかったです。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/687-ee47855b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。