05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2012

04/27

Fri.

04:52:58

プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ! 

Category【起業


プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!
(2012/03/08)
石川 直貴

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

「よし!アフリカでビジネスを始めよう!」

 大学時代、友人が発したあの一言が、僕の生き方を決めました。
 僕はきわめて平凡な人間です。人に自慢できるような才能もなければ、家だって裕福ではありません。いまだに語学は大の苦手です。
 休日も趣味らしい趣味がないために、日本にいるときはコンビニあたりをうろついています。
 日本のマンションの近隣住民からは、「平凡なサラリーマンか、ひょっとしたらいい年をしたフリーター」とでも思われているのでしょう。
 まだ30歳にもなっておらず、威厳なんてありませんからね。

 そんな僕が、遠くアフリカでは、ビジネスの第一線で活躍しています。
 土地開発から家事の経営、さらには金の採掘まで、幅広く事業を手がけているのです。合計40社以上のグループ会社を経営し、現地の従業員は100人を超えました。グループ全体の年商は、300億円に上っています。



タイトルがものすごい!プータローが300億ですよ、しかもアフリカで!

この本、どこで情報を得たのか忘れてしまったのですが、購入に至ったキッカケは、著者が韓国の大学を出ているという点に興味を持ったからでありました。

まず、著者は沖縄ご出身で、高校生の頃は歴史の勉強したい、地元で公務員になって歴史に携るお仕事をしたいと思っていたんだそうです。歴史の勉強をするには、沖縄を出なくちゃいけない。実際関西、関東の大学には合格するも、いわゆる経済的な事情で断念。そこで他に歴史の勉強をできるところと探したところ、なんとそれは韓国だった、というお話です。

ちょっと興味があったので、著者について調べてみました。通われた大学はソウルより電車で1時間半くらいの南にある忠清南道の牙山市と天安市にある大学だったそうです。ここ、今多分、韓国で一番外国人留学生の多い大学だと思います。そして地元の人には宗教系(あんまり大きな声では言えませんが、ヒントは結婚です)の大学として有名なところ。

なるほど。だから韓国でアフリカ人留学生に会えたのね。
著者についてはこちらの琉球新聞の記事が詳しいです→

この本はアフリカでビジネスをと考えている人にとってのバイブル的な書籍ではないかと思います。個人であれ、大企業であれ、アフリカという見知らぬ土地でビジネスを開拓するのは同じこと。無くてはならないのは真の価値観かと感じました。

とにかく著者の判断にはぶれがない印象があります。きっと決断力も行動力も並じゃないはず。じゃなかったら、こんなことはできんと思います。

ただ、同じ韓国で生活した(私はまだ進行中なんですが)立場として言えるのはですね、著者の韓国生活の経験はアフリカビジネスや生活に絶対に役立っているに違いない!これ、断言できます。私は日本の北端、著者は南端のご出身で、本土とは若干生活観が違います。ゆったりとした時の流れで、回りとの共存感が強くって。

で、多感な大学時代を良い意味で毒気のある韓国で過ごされたというのは、いろんな意味で研磨されたんじゃないかと思います。これがずっと日本で生活していた方がぽんっとアフリカっていうならば、もっとビックリ度が高かったかもしれないのですが、読み進めているうちに「あー、これ韓国的だわー」な部分を感じながら楽しく冒険気分で読ませて頂きました。

主にタンザニアとベナンでビジネスをなさっているそうです。西アフリカと東アフリカ。読んでいるうちに感じたのは、We are the Worldでの飢餓に苦しむという世界はもう古いということ。携帯電話もバリバリ使えるそうですよ。もしかすると北海道より進んでいるかもしれません。

それにしても、20代でこの勇気と強さですよ。今後が楽しみでなりません。アフリカで大輪咲かせてください。応援してます!

 この本を読んで 

・アフリカビジネスに限らず、窮地をいかに早く、どうやって潜り抜けるかが問われる力なのかも。語学とかアイテム増やすばかりじゃなくて、ヒットポイント稼がなくちゃってことなのね。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/707-802dad1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。