05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2012

08/20

Mon.

05:20:26

ザ・万遊記 

Category【随筆・エッセイ


ザ・万遊記 (集英社文庫)ザ・万遊記 (集英社文庫)
(2012/05/18)
万城目 学

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

現場から万城目学です その一 鹿男あをによし

 二〇〇八年三月中旬のとある夜、私はいたく場違いなところにいた。
 目の前の席には玉木宏氏がいて、その両隣には綾瀬はるか氏、児玉清氏。私の隣には佐々木蔵之介氏が座っていた。
 現場はドラマ『鹿男あをによし』の打ち上げ会場である。ドラマに出演していた、まさしくキラ星の如く光を放つスターたちを前に、なかなか顔をまっすぐ上げられない。うつむきながら目の前の飲み物をひたすら消費していると、「あ、飲み物持ってきましょうか」と佐々木氏に気を使われ、跳び上がって断る始末である。
 児玉清氏があの奥深い声で、ドラマの思い出を語られた。ドラマも終盤、奈良文化財研究所のロケで、児玉氏は自分の招待を暴露する、という非常に緊迫感あるシーンに臨んでいた。



やはり万城目氏の作品はおもしろい。
今回のエッセイで読み進めながらついつい楽しみにしてしまったのが、「渡辺篤史の建もの探訪」を見ての万城目さんの感想エッセイ。この番組、見たことなかった私は、どうしても見たくて見たくて、つい検索しちゃいました。



なんかすごい!万城目さんが愛を傾ける気持ちがわかった気がします。それにしても、日本のおうちってキレイですね。私もいつか一軒家に住みたい!

 この本を読んで 

いろいろな名作の裏の姿が見れたような気がします。この頃はプリンセストヨトミを書いておられた頃でしょうか。とにかく、笑えます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/711-bd0ef7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ザ・万遊記】

ザ・万遊記 (集英社文庫)(2012/05/18)万城目 学商品詳細を見る書き出しをご紹介します。現場から万城目学

2012/11/22 08:28 | まっとめBLOG速報

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。