07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

03/30

Sun.

17:36:40

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」 

Category【ビジネス・経済

昨日に続き、今日もマッキンゼー関連本のご紹介です。


問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」
(2001/12)
斎藤 嘉則

商品詳細を見る


昨日ご紹介した
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」の続編。齋藤嘉則さんの本。

帯には「優れた問題発見者だけが、優れた問題解決者になれる!」とあります。今回は「構想力と分析力」がテーマです。この1冊で、問題解決者になれるでしょうか。はい、なれそうです。虎の巻として活躍してくれそうな1冊だと思います。


さて、内容に入りましょう。この本は3部構成となっております。

第1部 問題発見力が問われる
第2部 問題発見構想編
第3部 問題発見分析編

第1部では、問題とはなにか。それは「あるべき姿」と現状とのギャップを知る事です。そのギャップをしっかりと捉えるための心構えが記されています。第1部の書き出しをご紹介しましょう。


 問題が解決できないのはなぜか。解決したと思っても、解決策が結果に結びつかないのはなぜか。あるいは、解決できない問題ばかりが山積みしたまま、次のステップが見えないのはなぜか。
 それは、解決策以前に、「問題」そのもののとらえ方が間違っているからだ。解決できないことを嘆く前に、まず、“問題そのもの”について深く考えてみることが必要である。



私なんか、毎日未解決の問題だらけです(笑)
しかも「時間が解決してくれる」と、積極的に問題に取り組む事はまれでした。齋藤氏によりますと、私のような態度は問題解決者として最も遠い人物となるようですがっくり

「問題」は、人の数だけ種類があるでしょう。仕事、恋愛、家族、人生、もう本当にそれはもう膨大な数。1人当たり、少なくとも1つは問題を抱えているはずです。まず第1章では、そんな問題への意識を説明しています。

第2章からは、その問題解決のヒントとなる「考え方」に入ります。まずはその問題の構造を知る事。それから、一つ一つを紐解いていきます。ここでは「問題発見の4P」を学びます。4PとはPurpose、Position、Perspective、Periodのこと。この4つを重要視することで、より正しく問題解決が行えるそうです。

基本的に問題解決には問題の質を知り、仮説を立て、分析します。第3章では、その仮説が正しいかどうか分析する技術がこれでもか!というほど説明されています。今まで何度も出てきているMECEのほかトレンド分析、+/-差異分析、集中・分散分析、付加価値分析、CS/CE分析など。名前だけみるとなんだか理屈っぽいような難しいような気になりますが、訳がわかるとシンプルです。

この本は、1作目よりもよりスキル重視です。齋藤氏の説明は本当にわかりやすく、個人的には1作目よりも2作目がおススメです。その理由は、技術の使い方や意図が明らかだから。私のような初心者にはこの本のような参考書が必要です。

ムギさんの影響でマッキンゼーについて学び始めた昨今。あと2冊、手元に関連書籍があります。5冊読んで、要約骨組みがわかってきました。そろそろ実践段階に入ろうかと思います。

さて、cyoにいくつか雑誌の購入をお願いしていたのですが、東洋経済が面白いです。

週刊 東洋経済 2008年 3/8号 [雑誌]週刊 東洋経済 2008年 3/8号 [雑誌]
(2008/03/03)
不明

商品詳細を見る


興味のあるかた、是非店頭で特集を読んで見て下さい。(そして購入しましょう!)
地頭力、マッキンゼーの知識に共通するものがあるんですね。とすると、私は今、地頭を鍛えているのか!なるほどー!

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/87-fcf0d2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。