05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

04/02

Wed.

12:21:45

見仏記〈2〉仏友篇 

Category【旅行

無性に旅に出たいです。

見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
(1999/01)
いとう せいこう、みうら じゅん 他

商品詳細を見る


昨日に引き続き、今日も『見仏記』です。

どっぷり「見仏ワールド」に引き込まれております。もとより仏教美術好きの私。むろん寺好きです。でもヨーロッパの教会建築なんかも好きなので、もしかすると宗教美術全般が好きなのかもしれません。美術館でも宗教画のコーナーに一番長くいるような気がします。もう旅に出たくてうずうず。まずは京都・奈良コースですね。居てもたってもいられなくて関西空港行きの飛行機を調べたり、スーツケースが壊れているので新しいのを探してみたりしています。嗚呼、仏像が私を待っている!

いとうさん&みうらさんのご一行、今回も日本各地を見仏して歩きます。「見仏記〈2〉仏友篇」は前作以上に面白くためになる1冊でした。

今回も仏像マニアみうらさんの追求は続きます。仏像への尽きない好奇心と鋭い観察眼には本当に驚きを通り越して感動します。そしていとうさんは、そんなみうらさんの何気ない一言から深い思考の世界へ入ります。いとうさんも疑問を常に追求し、その疑問はシンプルながらも旅に深い意味を持たせているのです。

この2人の旅に引き込まれる理由を、私なりに整理してみました。

?少年のような心
?旅のテーマがはっきりしている
?仏友

?から説明します。このお二人、とうに30歳を過ぎているのですが心は少年です。小学生くらいの少年そのもの。真っ直ぐで理屈っぽくないんです。それがとても心地よく、二人の旅に読者をのめりこませます。次に何が起こるのか、何を言い出すのかが楽しみでたまりません。偏見やこだわりを持たず、ゼロベースで物を見る姿勢、見習わなくてはと思いました。視野を広く持つには、お二人のように少年の心が必要なんですね。

?ですが、二人の旅にはテーマがあります。しかもMECEで分けられちゃうのですごいです。まず「仏像」という課題から枝分かれすると、『3K』というセグメントにわけられます。3Kとは、巨大、金ピカ、かっこいい。(みうら論です。)さらに他の枝には『みやげ物』や『発見・分類』などがあります。『みやげ物』では文化を見、『発見・分類』では仏像を見て「○○に似てる!」とか「△と名付ける」など、彼ら流の仏像の分析を行う作業です。また「旅とは」というテーマもあり、これも非常に面白い物がありました。

?は私が最も気に入っている部分です。同じ目的を持って旅ができる友人がいるって素敵な事ですよね。彼らの友情がぎゅーっとつまっているのですが、男二人旅は見る人によれば「友情」を通り越して「愛情」に・・・。それを気にする二人の姿が笑えます。

「見仏記〈2〉仏友篇」に私は学問の香りを感じました。「きっと文化人類学ってこんな風に物をみるんじゃないかな?」とか、「比較文化の人ならこんな風にデータ取るよね。」などなど、まるで学者さんの旅のように感じる部分が多々あります。また、この本では「仏像」というフィルターを通して日本文化に迫っています。時に日本について質問されて困る事、ありませんか?特に文化面で。言葉の問題は別として、日本語でも答えに窮する場面が多い方、必読ですよ。まじめにも、笑いを取る上でもこの本の知識は力になると思います。

2で訪れた場所はこちら。

【滋賀】
西野薬師堂、赤後寺、渡岸寺、小谷寺、石道寺、己高閣、世代閣、知善院
【京都】
東寺、仁和寺、法金剛院、
【四国】
極楽寺、井戸寺、丈六寺、蓮華寺、豊楽寺、中島観音堂、雪謑寺、竹林寺、北寺
【東京】
五百羅漢寺、安養寺、目黒不動尊、宝城坊、太宗寺、正受院、光照寺、龍善寺
【鎌倉】
東慶寺、建長寺、円応寺、鶴岡八幡宮、覚園寺、光明寺、長谷寺、高徳院
【北越】
宝伝寺、明静院、西照寺
【佐渡】
長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺

「見仏記〈3〉海外編」まで手元にあります。「見仏記4 親孝行篇」も買えばよかった!!!

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/95-b61c7eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。