09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

04/09

Wed.

15:41:07

レバレッジ英語勉強法 

Category【語学 

今日は本田直之さんの新刊を読みました。

レバレッジ英語勉強法レバレッジ英語勉強法
(2008/04/04)
本田 直之

商品詳細を見る



4月は始まりの季節です。特に語学にチャレンジする人が多いのではないでしょうか。でもその4月の決意を翌年の3月まで続けられる人はほんの一握り。社会人は忙しいんです。英語の勉強はしたいけど、うまく時間が取れない人にぴったりな1冊が登場です。

今日も書き出しからご紹介します。


 英語を話せるようになりたいという人は、たくさんいます。
 その理由はさまざまだと思います。
 趣味として学びたい、あるいは海外旅行がきっかけで話たいと思った、仕事のためなど、人それぞれ、動機は多岐にわたるでしょう。
 しかし、「仕事のために英語を話せるようになりたい」という人のほとんどは、大きな誤解をしています。
 


「大きな誤解」とは何か。それは日本人が抱く「英語ができる」というレベルについての誤解です。つい広く深い専門家レベルを想像してしまいますが、実際のコミュニケーションではネイティブも「He don't (doesn'tが正解)」とか言っているらしいのです。なまじ知識があるばかりに、間違える事を極端に恐れてしまう日本人。本田さんの留学当時のエピソードがあるのですが、英語は「言ったもの勝ち」みたいなところがあるようです。ラフでも話せば通じる場合がある。しかも話すのは自分の知っている分野だけでよいらしい。なんだか少し英語が近く感じます。

では、レバレッジを効かせる英語勉強法に入る前に、toh的重要ポイントから行きましょう。

英語をレベルアップしたかったら、まずは日本語で話術を磨け!

レバレッジ英語勉強法の基本は、自分の得意分野を磨く ことにあります。得意分野とは、自分が「この分野を英語で話したい」と思う会話のテーマです。例えばご自身の担当するビジネスの分野でも良いですし、趣味の世界でもよいです。とにかく「テーマ」を決めます。

次に、忙しい社会人にとって時間は大切な投資分野です。そこでレバレッジ英語勉強法では3ヶ月集中法で勉強します。目安は3ヶ月で180時間。勉強の仕方は以下です。

?「テーマ」をもとにした単語を100を覚える
?「テーマ」をもとにした20フレーズの言い回しを覚える
?応用-?とっさのひとこと?give,haveなどの便利語を覚えるetc...

そしてアウトプットに入ります。アウトプットをしなければ、宝の持ち腐れです。自分の現在地を確認するためにTOEICを受けても良いですし、英会話学校でマンツーマンレッスンを受けるなどの方法があります。ここまでが基礎。基礎ができたら、後は自分の得意分野を広げる学習に移ります。

さて、上の『英語をレベルアップしたかったら、まずは日本語で話術を磨け!』についてご説明します。レバレッジ英語勉強法ではまずテーマを決め、知識の偏りを気にせずに勉強するところがポイントです。「経済」をテーマに選んだ人が、日本のインフレについて話せるようになるために勉強する方法であって、芸能人のゴシップについては「範囲外」として横に流す。一点豪華集中型です。

会話の範囲が限定される分、学ぶ内容は熟考する必要があります。なぜなら日本語でも会話が長続きしない人は、レバレッジ英語勉強法で勉強しても、英会話の壁は依然として存在し続けるからです。本当に英語が出来ないのか、それとも語るべき内容が足りないのか。そこを知らなくては始まりません。まずは「ネタ」作りです。日本語で話してもウケる内容なら、概ね英語でもリアクションはよいはずです。どんな分野にも流行はありますし、その分野の基礎も知っていなくてはなりません。まず日本語で頭の中を整理してから、英語に取り組みましょう。頭の中がぐちゃぐちゃならば、口から出てくる言葉もぐちゃぐちゃのまま。頭の中が空っぽなら、口から出てくる言葉も空虚なものです。

さらに自分の考えを日本語でシンプルに語れなければ、それを英訳する段階で躓いてしまいます。そこでまずは日本語で、自分はどんな事を考えていて、どんな知識を持っているのかを意識する必要があると思いました。まず日本語でスッキリ語れるようになること。やみくもに「この分野で使えそうな単語だから」と100単語ピックアップして覚えても、いざ日本語ででも使いこなせない単語なら、3ヶ月はムダになります。

この本では、「英語ができないと生じる「六つの格差」」として英語の必要性も語られています。これを読めばモチベーションがあがる事、間違いありません。他にも参考文献など、有益情報がたくさんあります。

例えば英文学の研究者や通訳・翻訳家を目指す方には不足する部分が多い本かもしれませんが、「一点豪華集中主義」の勉強法としては非常に具体的だと思います。個人的にはとってもためになる情報でした。この方法で第3外国語をやってみたい。(あ、その前に英語でしたねjumee☆sweat2Rr

banner_03.gif



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/97-f63a8d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たったの8語でTOEICのスコアが上がる

例えば「たったの8語でTOEICのスコアが上がる」と言ったらあなたは信じますか?英語が大のニガテだった私がいきなりTOEICで高得点をGETできたTOEIC攻略法をお教えします!※ご注意!このサイトのTOEIC勉強法は危険です。なぜならあまりにもTOE...

2008/05/26 20:38 | 時給百円未満

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。